いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター(IMC)

   職 場 の い じ め
 職 場 の い じ め と は
 差 別 と は
 職 場 の 暴 力

 労 働 相 談 
 感 情 労 働
 こ こ ろ の 癒 し




     『いじめNO! 宣言』

   「いじめ」は人を傷つける行為だ
   人によって 「心の境界線」 はちがう
   自分がなにげなくしていることでも
   他の人には いやに感じることもある

   人にはだれにだって
      よいところが絶対にある
   そういう人の良いところを
       見つけていこう
   「いじめ」はアカンという勇気を持とう

   一人ひとりを大切にしよう
   仲間とつながっていこう
   お互いに支え合うのが 本当の友達だ

   私たちは「いじめ」を絶対に許さない
   お互いを思いやり 信頼できたら
   きっと「いじめ」もなくなるはず

   人の気持ちをちゃんと考えられるひとが
   いちばんかっこいい人間だ

     2008年3月7日
     大東市立住道中学校第59期生一同
inserted by FC2 system
  『“職場のいじめ” 労働相談』
      緑風出版 2000円+税
      いじめ メンタルヘルス労働者
       支援センター  千葉 茂 著


   ≪活動報告≫ 14.12.12
   ≪活動報告≫ 14.06.20
 『パワハラにあったとき
  どうすればいいか わかる本』
      合同出版 1500円+税
      いじめ メンタルヘルス労働者
      支援センター / 磯村 大 共著


   ≪活動報告≫ 14.12.12
    
 大阪人権博物館(リバティおおさか)の「いのち・輝き」
 コーナーに、いじめ問題に取り組むなかで作られた宣言が
掲げられています。
  ≪活動報告≫ 12.11.16





   平成23年度 全国中学生人権作文コンテスト
      埼玉県大会 最優秀作品

      『支えあって生きる』

   基本的人権の尊重。今までの自分が人権について知って
  いることと言えばこの言葉ぐらいだ。日本は、世界に比べ
  れば平和で安全な国だし、自分もその国で、何不自由なく
  幸せに暮らしていた。そうあの日までは…。
   3月11日の東日本大震災は、たぶん日本の歴史に残る
  大きな災害だ。教室の後ろに掲示してある歴史年表にも、
  いつか刻まれることと思う。ぼくは、その被災地に住んで
  いた。地震で建物が壊れたりしたものの、家族や友達、地
  域の方々に亡くなった人はいなかった。
   しかし、地震の後の原発事故のため、ぼくと家族は家を
  離れ、友達や親しい人たちと別れなければならなくなった。
  生まれ育った故郷を離れなければならなかったのだ。
   人権をおびやかすもの。戦争や紛争、貧困、差別や偏見、
  環境破壊など、今までの自分にはなんの興味もなかったこ
  とだった。まだ戦争や紛争中で、子供たちの命が危ない国
  があることも、戦争は終わったけれど、貧困のため食べる
  ものがなく、病気になっても満足な治療も受けることがで
  きない国があることも社会で学習した。テレビでそんなニ
  ュースを見れば、かわいそうだと思ったし、争いがよくな
  いことも分かっていた。
   しかし、それは自分にとって、遠い遠い国の出来事で、
  自分の心を痛めるようなことではなかった。まさか自分た
  ち家族が、家を無くし、日本中を転々と移動しながら、目
  に見えない恐怖におびえ逃げまどう避難民になろうとは、
  想像もしていなかった。避難所では、配給のおにぎりを妹
  と半分にして食べた。薄い毛布にくるまり、寒い夜を過ご
  した。ラジオのニュースを聞くのが、とても怖かった。
   避難先でぼくと妹は、父に言われたことがあった。
  「これから先、もしかしたら、おまえたちは差別を受ける
  ことがあるかもしれない。福島は被曝という厳しい現実と
  向き合わなければならないからだ。心ないことを言う人が
  いても我慢をしていこう。そういうときこそ、人の本当の
  温かさが分かる。人とのつながりがどんなに大切か分かる
  はずだから。周りをしっかり見ていきなさい。」
   その時は、父の言葉の意味がよく理解できなかった。い
  つになく真剣で、悲しそうな父の顔が印象に残っただけだ
  った。
   自分は今、埼玉県本庄市に暮らし、学校にも通っている。
  なつかしい故郷にはまだ帰ることはできないが、新しい友
  達もでき、幸せだと思う。
   初めて学校に行く日は、とても緊張していた。自分が福
  島から来たことで、被曝者と言われたりしないか、無視さ
  れたりしないか、汚いものを見る目で見られたりしないか、
  不安でしょうがなかった。
   しかし、友達の反応は違っていた。自己紹介で、福島か
  ら避難してきたことを聞いた時は、一瞬驚いていたが、次
  の瞬間からは他の友達となんのかわりもなく接してくれた。
   みんなの態度は、ぼくにとって、とてもありがたかった。
  かわいそうにと思われてもかまわないが、ぼくは一人の中
  学一年生として、生活がしたかった。校長先生や他の先生
  方、先輩方にも、時々声をかけていただいたが、普段は他
  の友達と同じように、時には厳しく、時には優しく接して
  くださる。そんな生活の中で、ぼくは、自分が避難してき
  たことを忘れてしまいそうになる。
   このように、ぼくは、差別という人権侵害を一度もうけ
  ることがなかった。ぼくの人権を尊重し、受け入れてくれ
  た皆さんにとても感謝している。
   人権を守るというのは、自分の力ではなかなかできない
  のではないかと思う。自分の人権は、誰かに守ってもらっ
  ているのだ。それは、家族だったり友達であったり、地域
  の人々だったりする。それだけではない。見ず知らずの人
  であっても、傷付け合ったりせず、お互いに人権を守り合
  うことが大切なのだと思う。それが人権を尊重すると言う
  ことではないだろうか。
   震災は、自分にとって人とは何か、幸せとは何かについ
  て考えたり気づいいたりするよい機会になった。一番大切
  なことは、一人ひとりが、何が差別で何が人権侵害なのか
  を、しっかり考えることだと思う。そして、相手が何を望
  み、どう接してほしいのかを考えてあげることが必要だ。
   ぼくの未来はまだ何も見えてはいない。しかし、ぼくに
  は分かったことがある。それは世界のどこにいても、どん
  な困難にぶつかったとしても、それぞれの人権や自由を守
  ることができる社会さえあれば、人は幸せに生活できると
  ということだ。
   父の言葉には、そんな意味があったのかもしれない。そ
  れはまだ分からないが、今自分ができることをして生きて
  いきたいと思う。
   それが、「支えあって生きていく」ということではない
  だろうか。



  ◆ 『ある日、私は友達をクビになった』
      エミリー・バセロン著 早川書房 2014年

   スウェーデン、イギリス、アメリカなどの学校のいじめ
  への対応の25年間の思考錯誤を紹介しているルポルター
  ジュです。
   いじめはどういうものなのでしょうか。被害者が回想し
  て語っています。
  「毎日が地獄のようで本当に辛かった。心の傷は今でも痛
  むわ」「あの頃のことを話すと今もぞっとする。頼るもの
  がない無力感。自分に何か欠陥があるのではないかという
  気持ち。今の私なら、自分が悪かったわけではないと自信
  をもって言えるけど、それでもあの惨めさは簡単によみが
  えってくる」

   1967年、スウェーデンのダン・オルウェーズは、い
  くつかの学校に何度も足を運び1000人の6年生と8年
  生子どもたちにいろいろな問題をについて質問し、答えて
  もらいました。答えの中から、いじめは3つの条件を満た
  すものと定義づけました。「言語的あるいは身体的攻撃で
  あり」、「ある程度の期間繰り返され」、「両者の間に力
  の差が存在する」。1人あるいは複数の子どもが自分たち
  の強い立場を利用して相手を支配しようとするものです。
  「いじめの特徴は、相手がどんなに非力であっても攻撃す
  るということです」
   いじめを行なうのは1人のボス(lone alpha)と少数の
  手下ということで、昔から英語にあった「ブリ―イング
  (bullying)」の言葉を当てます。
   ≪活動報告≫ 16.11.24


  ◆ 『いじめとは何か 教室の問題、社会の問題』
      森田洋司 著 中央公論新社刊 2010年

   いじめは古くからある。それが現代社会の中で改めて関
  心を集めたのは、多くの子どもたちがいじめの被害に遭っ
  ているという事実が明らかにされたからである。それだけ
  に、いじめ問題への対応の力点は、子どもたちをいかに守
  るか、被害者の精神的な苦痛にどう応えるか、という点に
  置かれている。もう一つの焦点は加害の抑止であるが日本
  はとりわけ被害者対策に重点が置かれ、「心の相談体制」
  の充実に力を入れている。
   それは、90年代の日本社会の「心理主義化」傾向と無
  縁ではない。「トラウマ」や「癒し」という言葉が流行し、
  「臨床心理士」資格の取得できる大学院への進学競争が激
  化し、「カウンセラー」が憧れの職業となった。
   その背景には、人々の関心が、社会的な地平から私生活
  へと移行したことがある。自分に素直な生き方や個人の幸
  福、生きがいや自己実現を求める志向性が強まった。社会
  や集団の共同性は揺らぎ、人々の支え合いや結びつきは弱
  まり、人間関係に変化が生じてきた。……
   しかし、21世紀を迎え、一連の「心理主義化」の流れ
  に対して、精神科医の斎藤環は小沢牧子の著書を引用しつ
  つ、いじめや不登校が発生する背景にある現代社会の問題
  やカウンセリングに潜む「心のビジネス化」などに触れ、
  「状況のなかで生ずる生きにくさ、息苦しさを、個々の心
  の問題へと封じ込めて良いのか」と疑義を呈している。い
  じめの社会問題化が「第三の波」を迎える前夜であること
  であり、これ以降、心の問題としてだけでなく、社会の問
  題として、問題の根を掘り下げようとする視点が加わる幕
  開けの議論でもあった。
   ≪活動報告≫ 12.11.16
   ≪活動報告≫ 12.10.18


  ◆ ひろげよう 人権
   露の新治 「新ちゃんのお笑い人権高座」2席
    「自分から」より 

   僕はこの「自分から本気で」というスタンスを「同和問題」から学
  びました。「差別があかん、まちがいや」というのは誰でも知ってま
  す。けどなかなか本気で自分から差別をしない、させないという事に
  なりません。「差別があかん」という事をほんまにはわかっていない
  のです。「差別があかん」という声がある事を知っているだけです。
  「知っている」と「わかる」の間にはかなり深くて広い溝があります。
  情報として知ってる事を「わかる」ためには、核になる経験と実感、
  それを広げてゆく想像力が要ります。これは地震の怖さ、戦争の恐ろ
  しさ、失恋の辛さ、差別のしんどさ、命の尊さ、すべての事に言えま
  す。ほんまにわかるという事はなかなか難しいことです。

   露の新治 「新ちゃんのお笑い人権高座」4席
    「部落差別を教えられ」より

   たいていのことはわからして貰ったんですが、唯一「部落差別」だ
  けは誰も正してくれませんでした。それで大人になるまで持ち越して
  しまったのです。それも初めは漠然としたイメージでしたが、長ずる
  に及んで次第にリアルなイメージになってきたのです。けど真実は何
  も知らず、どこまでいってもイメージだけでした。そのうちに初めは
  「誤った情報によるイメージ」でしたが、いつの間にかそれが「感情」
  になってしまっていたんです。部落を好きか嫌いかといえば嫌いにな
  っていました。だから「同和問題」を知ろうとも学ぼうともしなかっ
  たのです。いったん感情になってしまうとこれはなかなか直りにくい
  ものです。好き嫌いは理屈を越えますから。……
   食べ物なりゃこそ笑い話で済みますが、これが人間に対してええか
  げんな情報で勝手に悪くイメージし、事実を知ろうともせず、食わず
  嫌いのままにしておく。する方は気楽やけども、される方はたまった
  もんやない。無知とか物の見方の狭さなんて、本人が損をするだけや
  ったらほっといてもいいんですが、偏見を持たれる人が計り知れん程
  迷惑するので、やっぱりこの”食わず嫌い”を改めて貰わな仕方がな
  いのです。その為にはほんまの事を知るのが一番で、知ればまちがい
  は正すしかないわけです。

inserted by FC2 system